人を見たり、接して感じることは千差万別・十人十色、する事もさまざま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛を大別すると急性の腰痛と慢性の腰痛があります。
応急措置として急性の腰痛(急に動いて腰をいためたり、強く腰の部分をぶつけた)
への対処の方法は、冷たい湿布を貼ると良いといわれています。また慢性の腰痛に対しては温湿布が良いようです。

その人の腰痛の症状や原因の違いによって冷湿布がよいか温湿布が良いのかは異なってくるようです。

家庭で冷やす場合(冷湿布がない場合)アイスノンや氷をいれたビニール袋などを患部に当てても良いでしょう。
長時間または過度な冷やしすぎには注意してください。

家庭で温める場合(温湿布がない場合)代用品として
①蒸しタオルを患部に当てる方法。
②タオルを温めて患部に当てた上にドライヤーをかける方法。
③使い捨てカイロ(衣服等に貼り付けるタイプがズレなくてよいと思います。)

カイロは直接肌の上に付けると、低温火傷をする場合があるのでご注意ください。
蒸しタオルは電子レンジなどを使うことで作ることができますね。
蒸しタオルを使用する際にはさめるのを遅くするために
タオルの上からラップなどをかけておくと良いでしょう。
熱が湿っていますので慢性の腰痛には効果的があるといわれています。

腰痛が慢性のものになってしまったときは温める方向で温湿布を行うのですが、温めてもかえって痛みが強くなったりするようであれば
温湿布を止めて、病院などに相談すると良いでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。