人を見たり、接して感じることは千差万別・十人十色、する事もさまざま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社の定休日だけど、急ぐ案件なので出勤する。売主にアポ取る。

何時でも良いと言われる、行くのに時間掛かるので昼から一番にして欲しいと依頼する。

1時に訪問。設計事務所の所長も来ていた。買付証明書を渡して、

買主の条件を提示する。農地法5条申請費用を持って欲しいこと。

売主側からも条件がでる。それは、手付金を2割でなく3割に、

それと申請費用は当方出せないといわれる。その件買主にお伝えしますと言う。

もし条件を呑んだら、契約して貰えるか聞く、売主所長と目を合わせて、

良いでしょうといわれる。売主いわく、急いでいるので早く結論出して

報告して欲しいとの要望。まだいろいろ問題はあるが内心これで成立すると思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。