人を見たり、接して感じることは千差万別・十人十色、する事もさまざま。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛について、何回に分けて書いていく予定です。参考にしてみてくださいね。

腰痛について、体の構造から見てみると、腰の痛みだけではなく、腰痛の原因である腰や背骨などの骨の歪みは、体全体の色々な症状を引き起こすと考えられるようです。

背骨についても、普段立つ姿勢をとるときは脊椎のS字カーブという骨の自然なカーブによってバランスを正しいく取っているのですが、

骨の並びが正しいときには体もバランスをとることで一定の姿勢をとることができるのですが、

骨の状態がゆがんだままになると健康的に姿勢をとることができず、椎間板や筋肉やじん帯などに負担をかけてしまうことになります。

骨格がゆがんだままだと、かかる負担はだんだん増大して行き、時間がたつにつれて色々な障害が起こってくるそうです。

骨格がゆがんでしまうということは、頭から足までの全身に影響してくるということですので、

痛いところだけ気にしていても、どこが原因か良くわからないと、いうことになってしまいます。


また、腰痛について筋肉と骨格の関係から見てゆくと、過度に腹筋や背筋を鍛えていても、返って体を痛める結果にもなる場合があります。

骨格は筋肉によって支えられているものですから、筋肉がアンバランスに緊張して支えることになり骨格に歪みが出てしまいます。

アンバランスに緊張した筋肉は、習慣になっていることが多いですのでバランスのとれた筋力トレーニングなどを行うことをおすすめします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。